うつ病患者が完治を目指すまでの道のり、多くの治療法

Medical Institution Early

TOPICS

心の病

うつ病は、ストレスが原因で発症する病気です。誰にでも発症する可能性がある心の病です。治療をするには心療内科は通院する必要があるでしょう。認知されないケースが多いですが、治療を継続することが大事です。

詳細を見る

電気療法

心の病と言われるうつ病の治療法にはいろいろなものがありますが、その中に最新の治療法として電気療法があります。電気を身体に流すことで治療効果を得られると言われています。

詳細を見る

NEW POSTS

薬を服用

うつ病を完治させる為の治療法にはいろいろあります。その中には、薬を服用する方法もあるでしょう。睡眠と食欲不足になりがちなうつ病なので、その問題を緩和させる薬もあるのです。

詳細を見る

薬の種類

うつ病治療に有効だとされる薬には、いろいろなものがあります。セロトニンの働きを抑制する薬に、漢方薬もあります。医者が処方する薬を有効活用して完治を目指しましょう。

詳細を見る

治療を継続

うつ病をすっきりと完治させる為には、治療を根気よく継続することが大切です。治療を途中でやめてしまうと、効果が損なわれ、全てが台無しになってしまいます。そういったことがないように治療に専念しましょう。

詳細を見る

変化する治療法

見方を変えれば、うつ病は貴重な人生経験です

うつ病の症状は精神的な不調と身体的な不調に分けることができます。 本質的な面では精神的な要因が多いとされていますが、表面化しやすいのは身体面の方です。 日常生活において、身体的に問題が発生した時、誰もが早く治療しなくてはと感じます。 したがって、精神的な要因の存在に気づかず、患者本人が身体の不調を認めつつも 激しい焦燥感に駆られて自ら病状を悪化させてしまうこともあります。 これは、本当は自分がうつ病で、それが精神的な要因だったとわかったとしてもです。 ですから患者にとってもうつ病は早く治療したいものなのです。 一方、「うつ病は無理に治す必要はない」といった見方もあります。 うつ病は自分の性格や環境的な要因で起こることはよく知られています。 一度うつ病になってみることで深い自己分析ができ、 復帰した時には罹患前よりも成長できるというメリットを意識すべきだというわけです。

あまりにも症状が長期化したり悪化した時は最新技術を扱う機関に問い合わせてみましょう

うつ病の治療法は年毎に最新技術が取り入れられ、その姿を変えつつあります。 一昔前からずっと変わらない療法として投薬治療があります。 しかし、この薬剤も服用した多くの患者のケースをフィードバックして より治療に効率的な商品の開発が進められています。 現在では、かつて使用されていた薬品よりも効果を抑えて副作用のリスクを落とした 商品の開発が取り組まれています。 流行的な治療としては、投薬しながら患者の心情・肉体的な変化を見て適宜アドバイスできる カウンセリングを兼ねた療法です。 フットワークの重い患者のためにネットワークサービス化も進められています。 最新技術を用いた治療法としては、「脳に電気的な刺激を与える」といった 投薬ともカウンセリングとも違うものがあります。 脳内の異常にダイレクトに効かせられるので、治療に大きな貢献が期待される療法です。

うつ病と人間の長いつきあい

うつ病は原始時代にはすでにあったのではないかと言われています。 肉食動物を恐れ洞窟に隠れ住み、捕れない獲物を何日も追い求め、餓死や天候の変化に怯え暮らしていた頃、その激しい精神的プレッシャーや極度のストレスでうつ病の症状が発症していたのではないか、と考えられているのです。 具体的に病として考えられ始めたのは、紀元前4世紀から5世紀頃と言われていますから、うつ病は人間の歴史と共に始まり、常にとなりにあったと言えるのではないでしょうか。 治療方法などの研究が始まったのはヨーロッパで、研究の中心は長くヨーロッパにありました。 日本でのうつ病は精神論で片づけられてきた歴史の方が長く、隠棲する、雑務から遠ざかるなどの静養が主な治療法として行われてきました。西洋式の治療法が導入されたのは、明治維新以降と言われています。

症状について周囲もよく知る事

うつ病の治療は難しく、長期に及ぶ事も多くあります。 「気合いで治る」「気の持ちよう」などと思われていた症状も、脳の機能障害である事がわかってきました。 今までは休養が最大の治療でしたが、カウンセリングや薬物療法など、症状に合わせて適切な治療が受けられるようにもなっています。 しかし、うつ病は本人の努力ばかりで治る病気ではありません。周囲の理解とサポートも必要です。 例えば、叱咤激励などが逆効果である事、「早くよくなってね」等の、よかれと思ってかけた言葉が相手を追いつめてしまう事など、してはいけない接し方をもっと知らなければなりません。 今後は治療法の研究や新薬の開発も進むと思われますが、うつ病に対する啓蒙活動と、そもそも病気であるという認識を全ての人が持つようにする事が重要ではないかと思われます。