うつ病患者が完治を目指すまでの道のり、多くの治療法

電気療法

うつ病治療の最新テクノロジー

うつ病治療の最新テクノロジーについて紹介いたします。 うつ病治療の最前線に、電気刺激療法というものがあります。これは従来の電気ショック療法とは異なるもので、頭蓋骨に穴を空けて、そこから微弱な電気を直接流すというものです。 これは相当に大それた手術であるということは想像に難しくないと思われます。頭蓋骨に穴を空けるために脳を手術するのは大変危険の伴うものであるということに加え、そこに電極を差し込むとなれば衛生上の問題もあります。しかもそれが脳を扱うのであれば、生命活動の問題にも直接影響してくる非常に重大なものです。 しかしそれだけの手術であるがゆえに、深刻なうつ病患者の治癒率ですら非常に高いものであるとのことです。

精神系医療の根幹を揺るがす可能性

このような治療法は精神系医療の根幹を揺るがす可能性があります。 今まで目に見えないものを相手にしてきた精神系医療が、今度は目に見えるものを相手にするように変わっていくかもしれないということです。 このまま医学が進歩すれば、精神病という病は外科の領域になるかもしれません。 しかし問題点もあります。それは、なぜ電流を流すことで精神系に効果が見られるのかの科学的根拠がわかっていないということです。科学的根拠がわからないものにコストをかけて研究を続けることは、財政上のリスクでもありますし、人材の問題でもあります。それでも有用性が認められれば、研究を続けるしかありませんし、使用するしかない、そのような状況なのです。うつ病治療の最新テクノロジーについてでした。