うつ病患者が完治を目指すまでの道のり、多くの治療法

薬の種類

うつ病の治療に有効なものはまず薬

うつ病の治療に有効なものは薬で、最近は副作用の少ない優れたものが多く開発されて、実際に使われています。うつ病の治療に使われるものにはいくつかの種類がありますが、脳の中の神経伝達物質であるセロトニンを抑えるものが特に有効だと言われています。セロトニンの動きを抑えるうつ病の治療薬を取ると、悲観的な感情や何もしたくない気持ちを変化させることができます。薬の場合は副作用が気になりますが、臨床実験を経たものが使われているので、深刻な副作用が出ることはめったにありません。安心してうつ病の治療ために使われる薬を使うようにしましょう。薬の種類は多いので、一つの薬が合わなかったり、効き目がなかったりした場合は他の薬に変えることも可能です。

カウンセリングや漢方薬も有効

うつ病の治療の基本は薬を飲むことですが、他にも役立つ治療法があります。カウンセリングはその一つで、多くの病院で実施されており、気軽にそれを受けることができます。カウンセラーに自分の気持ちを率直に話すことで、自分の気持ちの整理をつけていくものです。カウンセリングの場合は薬のような即効性はありませんが、気持ちや感情を徐々に安定化するのに役立つことがあります。漢方薬がうつ病の治療に使われることもあり、処方された薬が合えば、西洋薬と同じくらいの効果を上げることができます。漢方薬にも多くの種類があるので、その中で自分に合ったものを使うことが可能です。ほとんどの漢方薬には保険が適応されるので、手ごろな値段で使うことが可能です。